法要報告

秋のお彼岸

 去る令和二年九月二十一日(月)午後一時より二時三〇分まで東光寺本堂にて秋のお彼岸法要を修し、四十三名の壇信徒の方々がご来寺されました。

今年の春彼岸同様、コロナ禍において形式を変えて執り行いました。

 

午後一時より、十五分ほど住職が法話しました。

 

1.彼岸は到彼岸の略で、彼岸、つまり西方極楽浄土に到るための道を考え行う期間であります。

まずは西方極楽浄土に阿弥陀仏様のもと、先立ちし人が居られることに思いを馳せ、また沈みゆく太陽を人生の無常に重ね、いずれ自身もこの世を離れ、来世に生まれる、そしてその来世が苦しみの世界(此岸)ではなく、極楽浄土に生まれることを願うことが重要であります。

 

2.のちの世はこの世でお念仏申すことによって彼岸に行くことができる一方この苦しみに満ちた現世においても幸せになれる道があります。その一つが布施です。

自分に施し、それと同時に他人に施すこと、それが自分の幸せにつながるのです。

物やお金だけではありません。笑顔や優しい言葉を他人に施すことによって、他人が優しい穏やかな気持ちになり、また別の他者に施されます。そして巡り巡って自分が他人に助けられる時が訪れます。

法事やお彼岸法要に参加することもまたご先祖様への布施行です。自分の時間、お金やお供え、心を亡き人のために使うことはすべて自分のためだと思い、共々に励みたいものです。

 

 

法要後、各家が申し込まれた塔婆回向を順次させていただきました。

参詣者はお焼香後、お供養をお持ち帰り頂きました。

 

0 コメント

盂蘭盆施餓鬼会

 去る令和二年八月七日(金)午後二時三〇分より四時三〇分まで東光寺本堂にて盂蘭盆施餓鬼会大法要を修しました。

 

コロナ禍において、今年度に限り、例年と形式を変更し執り行いました。

二時半より初盆のご家族と共に施餓鬼会法要を務め、霊まつり和讃をお称えしました。その後、お檀家様がそれぞれの先立ちし大切な方のために建立されたお塔婆のご回向をさせていただきました。

私たちが手を合わせる姿を先立ちし人たちがご覧にあって、安心してくださったことでしょう。

おう

例年と異なり、密を避けるため、入れ替え制にて先立ちし人の追善供養をしました。

例年であれば、脇導師も九名同席しますが、今年は二名の脇導師とともに追善のお念仏をお称えしました。

当日は七十五軒九十名近くの方が本堂にお参りしてくださいました。

来年は例年通りのスケジュールで厳修出来ることを願います。

 

来年も初盆の方、年忌が当たっている方をはじめとして、たくさんの方にお参りいただきますよう切に願います。

 

0 コメント

四十八願お寺参り

 

去る令和元年10月24日(木) 四十八願お寺参りの旅を開催しました。

今回は岸和田の浄土宗正覚寺様と河内長野の真言宗観心寺様を参拝させていただきました。

 

 正覚寺様のご住職である阪口祐彦上人には知恩院布教師会で共に役員をさせていただいて大変お世話になっている方です。今回もぜひお寺にお参りさせて頂いて、寺院の演技などを踏まえて阪口上人のご法話を賜りたく、希望がかなった形となりました。

 

ご住職の熟練された法話に、参加者も皆喜ばれていました。また寺宝も多数あり、大変珍しい天照大神が蓮の花の上に鎮座されたお像を特別に御開帳いただきました。(一般的には神様はお像として表現されません) またお念佛行者の徳本上人のお像も拝見させて頂きました。阪口上人は「古くていいものはできるだけ残したい」というモットーで四百年続く伽藍を、お檀家さんご協力のもと改修を重ねながら維持されていて、大変参考になりました。

 

 その後、河内長野に移動して、昼食は観心寺様が経営しているレストラン「庫裏」にて

地元の野菜を使い、工夫された絶品の精進料理を堪能しました。

 

 

昼食後、雨降る中、広い境内を歩き本堂をお参りしました。ご本尊の如意輪観音像は秘仏のため、拝することはできませんでしたが、ご住職のお話を拝聴して、心を落ち着ける法を実践させて頂きました。崇高な空気の流れる境内と精進料理の効果もあってか、文字通り自分の煩悩にまみれた心を少し観ることができた気がします。

 

 ご住職と奥様が知恵をしぼって、レストラン経営や写仏経などお寺に人を集める方法を考えられたことは大変勉強になりました。二十名の方が参加されましたが、普段個人では行けないところ、見られないものもたくさんあってか皆さん喜ばれておりました。

 

来年はいよいよ知恩院御影堂が落慶いたします。皆様からも改修に際したくさんのご浄財を頂き本当にありがとうございました。ぜひ一度、皆で団体参拝をしたいと思います。日にちは来年の十月を予定しております。 ぜひご参加くださいますようお願いいたします。


0 コメント

第10回東光寺寄席報告

 

去る令和元年7月21日(日) 午後5時から6時過ぎまで、東光寺本堂において第10回東光寺寄席が開催されました。

 

出演者は漫才師のチキチキジョニーさん、噺家の笑福亭風喬さん、笑福亭鶴志さんでした。

 

まずは漫才師のチキチキジョニーさんにパワフルな漫才を披露して頂きました。

テレビでもよく見かけますが、女性二人の息の合ったテンポの良い漫才に、観客も笑いっぱなしでした。

 

そして続いて笑福亭風喬さんに短い落語を一席演じて頂きました。

トリは笑福亭鶴志さんでした。私(住職)が以前、繁昌亭で鶴志さんの落語を聞いてぜひ一度東光寺にお越しいただきたくお願いいたしました。演目は『代書屋』でした。豪快な声と観客に合わせて強弱をつけた話に皆引き込まれました。

 

10回目の開催となりましたが、去年台風に見舞われたことを考えると今年は天候にも恵まれ、普段お寺と縁のない町会の方々がたくさんお越しになられたので有り難かったです。53名の方がお越しくださいました。

来年も開催しますのでぜひお越しくださいませ 


0 コメント

第9回東光寺寄席報告

 去る平成30年7月7日(土) 午後5時から6時半頃まで、東光寺本堂において第9回東光寺寄席が開催されました。

 

出演者は昨年と同じで噺家の笑福亭風喬さん、露の団姫さん、大神楽の豊来家大治郎さんでした。

 

まずは露の団姫さんに『地獄のそうべえ』を演じて頂きました。団姫さんは天台宗の僧侶ということもあってか、仏教に関する話をしてくださり、大変有難かったです。

 

そして続いて豊来家大治郎さんに大神楽を披露していただきました。4年目ということもあり、観客に飽きさせないような工夫が必要ななか、新しい芸を織り交ぜながら、うまく私たちをひきつけてくださいました。

 

そしてトリは笑福亭風喬さんに『試し酒』を演じて頂きました。年を経ることにより、風喬さん独特の話しぶりが際立ってきて、楽しい時間を過ごすことができました。

 

9回目の開催となりましたが、今年は未曾有の大雨に見舞われて、開催中止も考えましたが、何とか決行する事ができました。大雨の影響で、当初来られる予定だった方も来れなくなりましたが、40名近くの方が来られ、大変喜ばれてお帰りになりました。

来年も開催しますのでぜひお越しくださいませ。

 

 

0 コメント