法要報告

四十八願お寺参り

 

去る令和元年10月24日(木) 四十八願お寺参りの旅を開催しました。

今回は岸和田の浄土宗正覚寺様と河内長野の真言宗観心寺様を参拝させていただきました。

 

 正覚寺様のご住職である阪口祐彦上人には知恩院布教師会で共に役員をさせていただいて大変お世話になっている方です。今回もぜひお寺にお参りさせて頂いて、寺院の演技などを踏まえて阪口上人のご法話を賜りたく、希望がかなった形となりました。

 

ご住職の熟練された法話に、参加者も皆喜ばれていました。また寺宝も多数あり、大変珍しい天照大神が蓮の花の上に鎮座されたお像を特別に御開帳いただきました。(一般的には神様はお像として表現されません) またお念佛行者の徳本上人のお像も拝見させて頂きました。阪口上人は「古くていいものはできるだけ残したい」というモットーで四百年続く伽藍を、お檀家さんご協力のもと改修を重ねながら維持されていて、大変参考になりました。

 

 その後、河内長野に移動して、昼食は観心寺様が経営しているレストラン「庫裏」にて

地元の野菜を使い、工夫された絶品の精進料理を堪能しました。

 

 

昼食後、雨降る中、広い境内を歩き本堂をお参りしました。ご本尊の如意輪観音像は秘仏のため、拝することはできませんでしたが、ご住職のお話を拝聴して、心を落ち着ける法を実践させて頂きました。崇高な空気の流れる境内と精進料理の効果もあってか、文字通り自分の煩悩にまみれた心を少し観ることができた気がします。

 

 ご住職と奥様が知恵をしぼって、レストラン経営や写仏経などお寺に人を集める方法を考えられたことは大変勉強になりました。二十名の方が参加されましたが、普段個人では行けないところ、見られないものもたくさんあってか皆さん喜ばれておりました。

 

来年はいよいよ知恩院御影堂が落慶いたします。皆様からも改修に際したくさんのご浄財を頂き本当にありがとうございました。ぜひ一度、皆で団体参拝をしたいと思います。日にちは来年の十月を予定しております。 ぜひご参加くださいますようお願いいたします。


0 コメント

第10回東光寺寄席報告

 

去る令和元年7月21日(日) 午後5時から6時過ぎまで、東光寺本堂において第10回東光寺寄席が開催されました。

 

出演者は漫才師のチキチキジョニーさん、噺家の笑福亭風喬さん、笑福亭鶴志さんでした。

 

まずは漫才師のチキチキジョニーさんにパワフルな漫才を披露して頂きました。

テレビでもよく見かけますが、女性二人の息の合ったテンポの良い漫才に、観客も笑いっぱなしでした。

 

そして続いて笑福亭風喬さんに短い落語を一席演じて頂きました。

トリは笑福亭鶴志さんでした。私(住職)が以前、繁昌亭で鶴志さんの落語を聞いてぜひ一度東光寺にお越しいただきたくお願いいたしました。演目は『代書屋』でした。豪快な声と観客に合わせて強弱をつけた話に皆引き込まれました。

 

10回目の開催となりましたが、去年台風に見舞われたことを考えると今年は天候にも恵まれ、普段お寺と縁のない町会の方々がたくさんお越しになられたので有り難かったです。53名の方がお越しくださいました。

来年も開催しますのでぜひお越しくださいませ 


0 コメント

第9回東光寺寄席報告

 去る平成30年7月7日(土) 午後5時から6時半頃まで、東光寺本堂において第9回東光寺寄席が開催されました。

 

出演者は昨年と同じで噺家の笑福亭風喬さん、露の団姫さん、大神楽の豊来家大治郎さんでした。

 

まずは露の団姫さんに『地獄のそうべえ』を演じて頂きました。団姫さんは天台宗の僧侶ということもあってか、仏教に関する話をしてくださり、大変有難かったです。

 

そして続いて豊来家大治郎さんに大神楽を披露していただきました。4年目ということもあり、観客に飽きさせないような工夫が必要ななか、新しい芸を織り交ぜながら、うまく私たちをひきつけてくださいました。

 

そしてトリは笑福亭風喬さんに『試し酒』を演じて頂きました。年を経ることにより、風喬さん独特の話しぶりが際立ってきて、楽しい時間を過ごすことができました。

 

9回目の開催となりましたが、今年は未曾有の大雨に見舞われて、開催中止も考えましたが、何とか決行する事ができました。大雨の影響で、当初来られる予定だった方も来れなくなりましたが、40名近くの方が来られ、大変喜ばれてお帰りになりました。

来年も開催しますのでぜひお越しくださいませ。

 

 

0 コメント

御忌会報告(檀徒総会)

 

平成30年1月21日 午後3時から5時

 

法然上人の祥月ご命日に際して、御忌会を修しました。もともと御忌という言葉は天皇や皇后の忌日法要を表す言葉で、一般の方に使われません。しかし法然上人が誰もが救われるお念佛の教えを広められた功績は多大なものでした。そのため1524年後柏原天皇が知恩院のご住職に、法然上人のご遺徳を偲ぶべく7日間の御忌を勤めなさいという勅命を出されたことが始まりであります。やがて浄土宗の末寺でも勤められるようになりました。

東光寺では2回に分けて御忌を務めます。そのうち1回は主に檀徒の方が来られて、檀徒総会を兼ねて行います。(もう1回は一般の方対象に勤めます。)

 

今回の檀徒総会では19名の方がご参加されました。2階本堂でおとつめをしたのち、

1階のホールにて総会が開催されました。役員様から昨年の行事報告、今年の予定、昨年の会計報告をして、出席者の承認を得ることができました。

また、継続して進めている庫裏整備についても、役員様から経過報告をしていただきました。

今年はいよいよ庫裏新築着工の運びとなりそうです。これもひとえに、総代役員様をはじめ、檀信徒のご協力によるもので、大変有難く受け止めております。後世にきっちりと引き継げるよう慎重に建築を進めて頂くよう尽力したいと思います。

今回の総会では、代替わりして初めて来られた方もおられ、大変盛況に終わりました。

また毎回、自前で育てているお野菜を使って懇親会のお料理を作ってくださる役員の奥様に篤く御礼申し上げます。

 

0 コメント

修正会報告

 

平成30年1月1日 午前0時から1時

 

新年を迎えて、修正会のおつとめをいたしました。

修正会は昨年、仏様のご加護により、道を踏み外すことなく無事に過ごせたことを感謝するとともに、改めて阿弥陀様と御縁を結ぶための法要です。

前日の夕方から降っていた雨もやみ、参道も無事例年通りのライトアップができました。

午後0時になると、まず道場を清浄にする洒水式を行い、その後共々に読経、お念仏を申しました。

法要後、一回のホールにて参詣者同士が新年の互礼をして交流を深め、今年一年、昨年以上にお互い慈しみあうことを誓いました。参加者は20名でした。

 

お檀家さんの参列に加え、昨年12月25日から31日まで連日夜警をつとめ、地域の防災にご尽力された今北消防団の若い方々も例年通り、お参りしていただき有り難かったです。

今年もよろしくお願いいたします。 

0 コメント